新型コロナメール&FAX連絡先まとめサイト

障害や病気でしゃがむのがきつい人に便利な風呂掃除アイテム「ユニットバスボンくんロング」

鳥が公園の水飲み場で水浴びしてる写真

風呂掃除は、きつい!

病気や障害で足にふらつきがある人にとって、風呂掃除はため息つきながら「はぁぁ、やるか‼︎」と気合を入れてやるものです。

私自身、障害で足の筋力が弱く立ち続けるときついこともあり、毎日の風呂掃除はため息とワンセットでした。

ところがある掃除アイテムに出会い、スマホでTwitterするくらいのテンションで風呂掃除ができるようになったんです。

それが「ユニットバスボンくん ロング」です。

ユニットバスぼんくんロングの全景写真

先端にあるスポンジに、伸縮式の長い持ち手がついています。

持ち手が伸縮式で長くなったくらいで変わるのかって疑問かもしれませんが、これがびっくりするほど違うんです。

風呂掃除中、一度もしゃがむ必要がなくなります。

ロングな持ち手で浴槽の隅から隅まで立ったまま届くので、しゃがむ必要がないどころか腕以外を動かす必要もありません。

お風呂掃除のとき怖かったのが、足を滑らせて転んでしまうこと。転ぶくらいならまだましですが、打身や骨折など歩くのに支障が出てしまうと生活すべてに影響してしまいます。

ユニットバスボンくんロングは、そんな恐れを大幅に下げてくれました。

スマホよりちょっと重いくらいなので、片手で掃除できます。右手で身体を支え、左手でバスボンくんを持てばこける心配もいりません。

値段も1000円ほどとお手頃です。同じような悩みを抱えていたら、手にとってみてください。

風呂掃除への抵抗がなくなります!

実際に毎日使っている立場から、さらにバスボンくんを紹介していきます!

壁にくっつくフック付き

バスボンくんを買うときに、困ったのが収納場所です。

一人暮らしの狭いお風呂に、ロングなブラシを置けるのか。ブラシが「どーん!」と目に入るのも、正直なんだかな〜と思ってました。

それを解決してくれたのが、ブラシと一緒に入っていたフックです。

壁にピタリと貼りついて、バスボンくんをかけておくことができます。つるりとした壁ならどこでも貼りつき、視界に入らない場所におけました。

バスボンくんロングをひっかけておけるフック
お茶目なタマザラシデザイン

断面はツルツルしており、何度でも貼り直せます。別のアイテムを買う必要ありませんでした。

ブラシの重みで取れることもなく、安心して使えます。

【動画】洗剤いらず水だけできれいに

スポンジ部分は、アミ目の線維で汚れをしっかりとってくれる構造です。猫が箱に入るよう掃除する場所に合わせた形になり、コーナーや段差など洗いにくいところもなぞる感覚で楽々掃除できます。

そして、うれしいのは洗剤がいらないこと。

  • 浴槽にシャワーで水をかけ
  • バスボンくんでさっと撫でるように洗い
  • シャワーで洗い流せば

これだけで、しっかり汚れが取れちゃいます。

まさか本当にこれだけで大丈夫なのか半信半疑でしたが、浴槽をさわると「キュキュッ」とした手触りで、ぐったり疲れた身体を休ませてくれます。

理屈は私もわからないので、公式が出している動画を見てください!

テロップがあり、字幕がなくても内容がわかります。

同じ「風呂掃除」なのに、まったく別の作業に変わりました。疲れた身体をさらに疲れさせ、肩をゴリゴリ鳴らす日々とはおさらばです。

ぜひ、手にとって試してみてください!

ピンクの他に、グリーンもありますよ〜。



「バスタオルを、毎日洗濯するなんてムリ!」

そんな一人暮らしの人は、旅行用の速乾タオルがすごくよいです。吸水性かつびっくりするほど乾きやすいので、次の日も快適に使えます。ふくのではなく、身体にあてて水分を吸い取ってしまうイメージ!

週に2枚使い、土日にまとめて洗濯しています。

以前、週に1枚だけ使っていたときは匂いが気になりましたが、2枚にしてから困りません!

毎日入るお風呂だからこそ楽できるところは楽して、そのパワーを他のところに回しちゃいましょう。

コメントを残す